So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

未来のAI診療はどこまで進化できるのでしょう [ひとり言]

014323f7.jpg 肺はこの中ですよ
 
総合内科専門医 集中の時
 
誤診はあってはならないと言いながら、100%の正診率を保つことは無理。昔、あるご高名な教授が退官されるとき、ご自分の過去データを集計して、正診率は70%であったと公表されました。
 
昨日、こんな事例を経験しました。
98歳のおばあちゃん、私のところへは高血圧ほかで通院中。
昨日の朝、トイレでがたがた震えだし、意識がおかしい。程なく会話ができるようになったが、立ち上がれない。家族が聴いてみると胸と右手首が痛いと言います。
救急車を呼んだところ、救急隊は状態がさほど悪くないと判断したのか、二次病院へ搬送されました。
病院では、手首が痛むというのでレントゲンを撮り、手首に石灰化影があるので偽痛風だろうとの診断で投薬もなく、帰宅。痛みがひどいというので当院へ来院されました。
 
右手首は少し赤く腫れています。
内科医の常套手段で、問診、視診、触診、聴診、をしながら、胸に聴診器をかけたところ、なんとなく暖かい。熱を測ると36.6℃。
私は家族に「おばあちゃんにしては少し体温高いよね?」と聞くと、いつもは35℃台とのこと。
採血結果は白血球9800、顆粒球増多、胸部レントゲンを撮ると肺にわずかに浸潤影を認めました。本人は腕が痛いと言うだけで咳も出ていない。胸の痛みはトイレに入ったときだけで今はないと言います。しかし、所見はごく初期の肺炎であることは間違いありません。
 
私も「痛い腕」しか診ていなかったら肺炎を見逃していた可能性があります。
決め手は、聴診器をあてた時、いつもより暖かい(?)と感じたこと。自分自身の感覚だけです。いつものぬくもりと違うと感じただけのことでした。
常に自分の五感を集中して診ることの大切さを感じ、初診忘るべからずを再認識しました。
絶対に診察手順を端折ってはいけないという思いを新たにしました。
 
いずれ、将来はAIが医師に代わって診断をするときが来るかもしれません。センサー技術が向上すれば、人間より鋭敏に変化を捉えることができるようになると思います。
あとは、どこまでAIの寄り添いに、患者として信頼を持つことができるか。
そのあたりが今後の課題になりそうですね。
 
presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html
 

nice!(0)  コメント(0) 

人生の分かれ道 [ひとり言]

wakaremichi.jpg 分かれ道
 
分かれ道 〜厄あけジジイのつぶやき〜

私たちは、一生の間にいくつかの分かれ道にさしかかります。
誰もが、過去に選んだ分かれ道を、それぞれの判断で、
「良かった」、「悪かった」、「しまったことをした」
と、心の中でつぶやきます。
選択の善し悪しにかかわらず、必ずこだわります。

「あの時の、あなたの選択は正しかったですか?」
と問われても、もう一度違う道を選ぶことができるでしょうか?
「違った道を選んでいたら、こうなっていた」と言う事実はどこにも存在しません。
はじめから、あなたが選んだ道しか存在していなかったのです。

どうすれば?
今を生き、今を受け入れること、そして唯々今を観照する。

過去にこだわり始めたら?
「あれはあれでよかった。」と3回唱えてみてはいかがですか?

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html
nice!(0)  コメント(0) 

なぜ星空を見上げると癒されるのか [ひとり言]

10694446_569027969891820_7974840627338944749_o.jpg

元々、太古の昔から、星によって季節を感じたり、農作物の実る時期を知ったり、星の位置で海を航海したりと星と生活は密接な関係を保ってきました。そして、多くの国で星を結んで星座を作り、神話や物語を語り継いできました。その必要がなくなった現代人はそうした感覚を失ってしまいましたが、実は星と私たちは切っても切れない関係にあります。

夜空の星を見上げると、まず星のまたたきを感じることができます。この星のまたたきは自然界の様々な現象が持つ1/fの揺らぎ成分を持っています。小川のせせらぎ、波の音、そよ風の強弱などにも含まれ、強力な癒し効果があります。つまり、交感神経の緊張をほぐすと同時に心も楽になってきます。
実は、この1/f揺らぎの成分は、人間の心拍の変動パターンにも含まれていて、高齢化、心不全、ストレス、交感神経緊張亢進状態で揺らぎがなくなることがわかっています。
つまり、星のまたたきを見ることは、美しい星の光を眺めるだけでなくこの1/f揺らぎ成分の癒し効果があり、自律神経が安定してきます。

二つ目は、無限大の遠くを見ることで、目の疲れをほぐす作用があります。日常生活で現代人は目を酷使して、ストレスを溜めて疲れていますので、星を眺めることで目からくる疲れを取る効果があります。

三つ目は、星空を見ることで宇宙との一体感が生まれ、それによる癒し効果も絶大です。
元々、私たちは宇宙の一部です。私たちの体を構成する物質は宇宙空間に浮かぶ星達と同様にビッグバンの時に同時に誕生しています。つまり、私たちの物質としての年齢は138億歳であって、これまでの長い年月で形を変えてきただけと言えます。ひょっとしたら私たちの体を構成する細胞や素粒子は宇宙の歴史を全て記憶しているのかも知れません。
 
東日本の大震災の直後にこんなエピソードが残されています。津波に全てを奪われ、愛する人を奪われて、身も心も疲弊していたとき、ふと外に出て停電で真っ暗の空に満天の星を眺めたときに、「私たちは、自然の中で生かされている。」ということを実感されて生きる活力や勇気を取り戻されたというお話しを聞いています。
 
ヒプノセラピーのリラクゼーション法の一つに、宇宙全体に意識を広げるイメージワークや、ワンネスワールドを体感するリラクゼーションの方法があります。これは、とても深いリラックス効果があり、心の中の平安(インナーピース)を感じることができ、同時に自律神経が整ってきます。
これによく似た方法で自律訓練法があります。体を感じながら一人でできるリラクゼーションの方法で、東北の被災者の方達の心と体のサポートに役立ったそうです。
 
日常の喧噪を離れて、貴方の細胞が、そして貴方を構成する素粒子がもつ本来の感覚を取り戻す時間が必要かも知れません。
 
写真は約45年前に私がフィルム時代に撮影したはくちょう座です。愛知県稲武町で撮影しました。

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

nice!(0)  コメント(0) 

秘めた力 [ひとり言]

秘めたちから.jpg
赤紫のあじさい
 
もうしばらくするとあちこちで咲き始める紫陽花。
土の状態によって花の色が変わることはよく知られています。
そして、ご存じの方も多いと思いますが、花の色によって花言葉も変わる花です。
 
ピンクあるいは赤紫色の紫陽花の花言葉は
 
「元気な女性」
 
私たちのほんとうの価値はどこにあるのでしょう?
言うまでもありませんね。
オンリーワンの存在である私たちは、存在そのものに価値があります。
 
外の環境によって色が変わる紫陽花のような存在は、優柔不断なのでしょうか?
そうではありません。
内に秘めた、変わらぬ力を持っているからこそ、その場にふさわしく演じ、表現することができるのではないでしょうか。
そんな力強さを持ち続けていたいですね。
 
presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html


相対性理論 [ひとり言]

M3133.jpg

アインシュタインは重力が異なると時間の進み方が違うと相対性理論を提唱しました。
 
理論上のことがこの時代になり、証明されるようになってきました。ヒッグス粒子や重力波が発見されたように。
先日、標高の異なる2点間の時間の差を計測し、標高の差を数mの誤差で測定したと報告されました。時間が絶対的な存在ではなく観測者の環境によって異なる相対的なものであることも証明されました。
 
時間ってなんなのでしょうね。私たちは事実上、過去にさかのぼることもできなければ、未来を前もって体験することもできません。
写真は、私の観測室で撮影した、天の川銀河と同じ銀河団に属する有名な二つの銀河です。
アンドロメダ銀河までは約250万光年。さんかく座のM33までは約300万光年。この二つの銀河は約40億年後に衝突して大きなミルコメダと呼ばれる大銀河に変身します。
気の遠くなるような時間ですが、地球上に生命が誕生して38億年。
宇宙規模から考えれば長い時間でなないのかもしれません。
 
私たちの天の川銀河を含め、この二つの銀河の中心部にはブラックホールが存在すると考えられています。
ブラックホールの中心部。特異点と呼ばれる場所では重力はほぼ無限大で、時間が止まっています。時間が止まっているという事実は、今回の観測結果で信憑性を帯びてきました。
すると、中心部の時間の進みは極めて遅く、衝突するまでの時間は一瞬ということになります。
 
 
そう考えると逆に、本当に時間というものは存在するのかという疑問が湧いてきます。時間が有限の存在と考えると、始まりがあり終わりがあることになります。
では、宇宙開闢の前は?虚時間?と理解不能になります。
 
相対的に長さが変わるもの。それは物理的な「存在」ではなく、私自身は、万物の変化とともに生じる「現象」の一つではないかと考えています。
皆さんはどのように考えられますか?
 
もっと単純に、楽しい時間は短い、眠れない夜は長い。それでいいのかもしれませんね。
 
presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ポチッとしていただくと健康の輪がひろがります.

言葉そして言霊 [ひとり言]

kotodama.jpg
昨日、聾学校の健康講話、心のセルフチェックと題してお話しさせていただきました。
もちろん、宇宙の話も交えて。
その中で、毎日をどんな言葉を用いて語っているかについて考えていただきました。
マザーテレサは反戦運動には参加しないが、平和運動には喜んで参加すると言われました。
「戦い」という言葉を口にすれば、いくら否定しても「戦い」という言葉が自分自身の心の中にも刻み込まれます。心の中は即座に臨戦態勢になります。
「平和」という言葉を口にすれば、そのまま「平和」という言葉か心の中に落とし込まれます。心は穏やかになります。
私たちの心に「戦い」という言葉は必要でしょうか?
「必要だ」と思われる方の心の中に穏やかさが訪れることはありません。
 
私たちはそうして、自分自身が発した、ネガティブ・イメージを持つ言葉のエネルギーを自分自身の心にも落とし込み、無意識に自分自身を汚してしまっているのかもしれません。
心の断捨離は、使う言葉、言霊のエネルギーを変えるところから。
 
大橋巨泉さんが「がんは闘うか死ぬしかない」とおっしゃいました。私の35年の医師人生の思い出の中で、がんと闘った患者さんが本当の意味で生還した人は誰一人いませんでした。
 
美しい言葉を話したとき、思い浮かべたとき、心の中に響く美しい音とエネルギーを感じてみてください。それが素敵な響きなら、ずっとそのままでいることもできるのです。

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ポチッとしていただくと健康の輪がひろがります.

うわさ話 [ひとり言]

DSC_0868.jpg ひそひそ
先日こんなことがありました。
 
うわさとは口が尊いと書きます。
噂(うわさ)とはその内容が事実であるかどうかを問わず、世間で言い交わされている話のこと。
と辞書には書いてあります。
英語ではゴシップ(gossip)。God(神)とsibb(親戚)の造語だそうです。
いずれにしても尊いお話のようですが現実は根も葉もない話が多いようですね。
 
先週水曜日に私はウイルス性胃腸炎と思われる腹痛に見舞われ、外来を相棒にお願いして半日お休みしました。
ちょうどそのお休みをいただいた水曜の朝に、父が突然動けなくなり、朝大急ぎでクリニックに運んでCTを撮ったところ慢性硬膜下血腫とわかり、救急車で救急病院へ搬送しました。
私が休みをもらっていたので救急車に同乗して、腹痛をこらえながら父に付き添いました。
私も腹痛どころではなく、痛みはどこへやら。
 
今朝の外来で、多くの患者さんが「先生、大丈夫ですか?」と聞いて下さいました。
私はてっきり先週の腹痛のことかと思い、笑顔で
「すっかり良くなりました、ありがとうございます。」
と答えてました。
午後になり、話し好きな患者さんが、
「先生、救急車で運ばれたんだって?脳梗塞で入院したって噂になっとるよ。」
と教えてくれました。
 
どうやら、「父の硬膜下血腫+救急搬送+私の腹痛半日休診=私が脳梗塞で入院」という話の展開になったようです。
 
やはり噂(=gossip)とは尊い神の御業なのでしょうか。
患者さんたちの思いやりを感じることができました。

そして、おかげさまで私もGod speed(神のご加護)で快復しました。
 
皆様にも神のご加護(God speed)がありますように!
DSCF0013.jpg

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ポチッとしていただくと健康の輪がひろがります.

平成28年、あけましておめでとうございます。 [ひとり言]

2016.jpg ふたご座モンキー星雲
 
平成28年、あけましておめでとうございます。
新年が皆様にとって素晴らしい年になりますように、心よりお祈り申し上げます。

さて、平成27年、私たちの宇宙はダークサイド・エネルギーに支配されそうになっていることをご存知でしたか?
「また、正月早々...今日はエイプリルフールじゃないぞ!」
とおっしゃる方が多いかも。
でも、本当です。
 
今年こそ、宇宙を奇麗にしませんか?
皆さんが発したネガティブエネルギーが宇宙に充満しています。
平成27年、いろんな出来事がありました。
イスラム国、同時多発テロ、安保法案、幼児虐待などなど。
でも、そのニュースを見て、メラメラと悪を憎む心も沸き上がってきたのではないかと思います。
もちろん、そのネガティブな思いは私たちを、そしてほかの人たちを幸せにするエネルギーではありません。
世界を幸せにするエネルギーは、もちろん悪を憎む心ではなく、慈しみの心です。
私たちが心に思うことはとりもなおさずエネルギーです。
そのエネルギーは私たちが住む世界に向かって放たれます。

心無い登山家が富士山を汚してきたように、
私たちの何気ないネガティブな言葉(言霊)のエネルギーがどんどん宇宙を汚します。
心に抱くネガティブな思いも同じです。
 
心に美しい言霊を持ち、2016年は美しい言霊のエネルギーを宇宙に発信して、清掃登山よろしく清掃宇宙旅行に出ませんか?
 
私は、今年も宇宙旅行に出かけますよ。(もちろん心の旅です)
たくさんの宇宙の写真を撮りに行きます。
もし、私の写真を見て美しいと思っていただけたら、
あなたの美しい心とエネルギーを宇宙に発信して、私たちの住む宇宙を奇麗なエネルギーで満たしてください。
それは、あなたとあなたの愛する人を幸せにするエネルギーです。
 
Space the final frontier.
宇宙は最後の開拓地です。

喫茶去あうん [ティータイム]

kanban2.jpg
石原クリニックの敷地の片隅に小さな喫茶室が生まれました。
名前は、「喫茶去あうん」

あうん?

不思議な名前と思われるでしょうね。
もちろん「阿吽の呼吸」
何も語らずとも以心伝心で心が通う場所。
そんな願いでつけました。

喫茶去」も禅の言葉です。

詳しくはこちらをご参照ください。
http://www.jyofukuji.com/10zengo/2006/02.htm

どんな人でも、どんなお悩みがあろうとも、等しく、仲良くお茶を飲んでリラックスしてくださいと、おもてなしの心でスタッフ一同お待ちしております。
 
-あうんのこだわり-
cup.jpg
全ては大倉陶園のコーヒー・ティーカップです。お気に入りがあればお選びください。

aun2.jpg
カウンターは4.5mのケヤキの一枚板です。
ここから大窓を通して緑のお庭を見ながらゆっくりおくつろぎください。

aunn3.jpg
テラス席は、庭に望む静かなオープンスペースです。
ゆっくりお茶でもお召し上がり下さい。

img_kei02.jpg
食材やお茶は無農薬、自然農法にこだわりました。
動物性脂肪を一切使用しない、ベジカレーもお勧めの一品です。

喫茶去あうんで優しい時間をお過ごしください。
ホームページはこちらです。
http://www.ishihara-clinic.jp/cafe/index.html

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ポチッとしていただくと健康の輪がひろがります.

高血圧を治すのに薬は要らない [ひとり言]

DSC_4073.jpg 短い人生、そんなに急いでどこ行くの?

もう、25年余り前になります。
市民病院に勤めていた頃、外来でどんなに薬を増やしても血圧が200mmHg近くから下がらない患者さんがおられました。
食餌療法や生活習慣のお話しをしてもご家庭での血圧は180/90mmHg。
もう、60歳を過ぎて旦那さんも定年を迎え、ご本人はボーリングのアベレージ250点というプロ級の腕前。
「何一つ不自由をありません。もちろん健康を考え薄味です」とのこと。
お元気な方だったので、迷っていましたが、よくよく考えた上、「一度入院して治療をされませんか?」と持ちかけた。
「時間はいくらでもあるからいいですよ。」
さて、入院初日、私は心臓カテーテル検査が終わり、病棟を回診して、この方を最後に訪れました。
新規入院患者さんにはいつもそうしているように、夜の10時頃まで約3時間ほどベッドサイドでお話しをしました。
外来でお聞きした、裕福でとても幸せな生活のお話しが、ベッドサイドでお話しをしている間にだんだん様子が違ってきました。
旦那さんは退職前から、奥さんを自由にしてくれていました。退職後も同じ状態でお互い干渉せず、好きなボーリングをやらせてくれてとうとうアベレージ250点。
よくよくお聞きしてみると、ずっと誰も相手をしてくれず、旦那さんが定年退職してからはきっと二人の時間が持てると楽しみにしていたところ、これまで通りで見向きもしてくれなかったとのこと。
寂しさを紛らすためにボーリングに夢中になっていたとのこと。
生い立ちの頃から、最近のことまでゆっくりお話しをお聞きし、「お休みなさい」とご挨拶をして病室を離れました。
 
明くる日の午前中、患者さんが低血圧で倒れたと看護師から報告がありました。
病室に行くと患者さんは「先生、昨日はぐっすり眠れました。」
内服をまず半分に減らし、さらに3日後には全く薬が要らない状態に。
そして1週間後には処方なしで退院されました。
私がしたことは、ただ病室でお話しをお聞きしたことだけ。
 
全ての方が、そうではないと思います。
しかし、私が医師になり、「病って何だろう?」と疑問を持ち始めた初めての経験です。
その後、この方はご主人ととても仲良く一緒の時を過ごされるようになったようです。
なにか、大切なことに気づかれたのでしょうね。

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ポチッとしていただくと健康の輪がひろがります.
前の10件 | -
読者になる