So-net無料ブログ作成

奇跡の人 [ひとり言]

51Xj68GSgFL.jpg 自分をえらんで生まれてきたよ

今日、いんやく りお君の著書、「自分をえらんで生まれてきたよ」を読み終えました。
生まれる前から多くの病気を抱え、闘病生活を送りながら神様からの伝言を伝えています。
りお君のひとつひとつの言葉が、宝石をちりばめたように光り輝いています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

雲の上から、
お姉さんとお兄さんを見て、
「どの人がやさしいかなあ」って、見ていた。
それでママのところにした。
ママなら、心のことをわかってくれると思ったから。

人がここに来るのは、
新しいことを学ぶためだ。
ここに来るのは、
たましいの
寄り道のようなものだ。

やさしい心は、
神様にもらったの。
心は、あたたかい。
いのちはあたたかい。
あたたかいのが、
たいせつなんだね。

どうして人は、勝手に生きるのだろう。
本当は、心の中にいる神さまの、
いうとおりにするのが、いいのだと思う。
勝手にするというのは、戦争をするということだ。
そういう人は、心の中にいる神様の電源が、
オフになっているんだね。

死ぬのは、怖いことじゃない。
病気で死んでしまう子供たちもいる。
それは哀しいけれど、
体がなくなっても、心は残る。
たましいは、必ずある。
悲しみも、いつか消えていく。
それに、死んだら、
また新しいことを学べる。
だから、死ぬのは、
たいせつなこと。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

holyfamily.jpg 
ママなら心のことわかってくれる

これらの言葉が、4歳から9歳のりお君の口から語られました。
まさに神様からの伝言です。

私は現在55歳。
子供の頃、自分が何者か、宇宙は何なのかに深い疑問を持ち、
20年間、救命救急の医師として、人の生死に関わり、
体を壊し、
瞑想を繰り返し、
ヒプノセラピー、前世療法を学び、
ようやく、理解の糸口が見つかったところです。

りお君の本に出会えたことは、神様からの私へのご褒美と感謝しています。

こうした珠玉の言葉集の中に、なにより私が驚いたことは次の言葉です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

すごい秘密に、気づいたよ。
時間があるから、ものはある。
時間があるから、光はある。
物は、ぜんぶ、時間で、できている。

物が時間でできているのには、二つ理由がある。
一つ目の理由。
物は、時間がたつと、人がつくったり、形や場所が変わったりする。
だから、時間が、ものをつくっている。

二つ目の理由。
それは、ものが、時間の粒で、できているから。
時間は、目に見えない、小さな粒でできている。
ものも、目には見えない、小さな粒でできている。
うんと小さくすると、みんな同じ。
時間の粒も、ものの粒も、光の粒も、みんな同じ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お釈迦様の気づきの瞑想をご存じの方はお気づきかもしれません。
お釈迦様が、7日間、ピッパラの木の下で瞑想を続け、
ついには悟り(ニッバーナ)を開かれました。
そのとき、
「すべての存在は粒子でできていて、しかも消えたり現れたりしている。」
「全ての粒子は一瞬たりとも一定の形を保っていない。常に変化している。」
ことに気づかれました。
実はこの気づきが、本来お釈迦様が説く「無常」の教えの根本です。

わずか10歳にも満たない、りお君の口から語られたことは、まさに驚嘆に値します。
りお君もまさに「奇跡の人」であり、神様からの伝言を伝える人でしょう。

Maria2.jpg 
何千年の時を越えて奇跡の人が現れる

55歳にしてたどり着いた「今」が間違っていなかったことを、わずか11歳の少年から教えてもらいました。

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ワンクリックにご協力を.

自分をえらんで、生まれてきたよ [ひとり言]

Bee.jpg  がんばれ命

久しぶりのブログ更新です。クリニックの新築移転の仕事でなかなか書けませんでした。クリニックは細かい仕様が決まり、設計士さんと「患者さん中心の優しいクリニック」を作り上げることでコンセプトの確認ができたところです。

さて、そうした毎日の中でとても感動的なお話に出会うことができました。著作権侵害になりはしないかと心配しながらも、皆様に紹介せずにはおれない話です。
「ゆほびか」という健康雑誌の12月号の特集です。「神様からの伝言」という特集で、沖縄在住の11歳の少年りお君のお話です。

ゆほびかの編集長、西田徹さんがfacebookに投稿された記事をそのまま抜粋してご紹介します。

―――――――――――――――――――――
毎月、毎月、入稿から校了するまで、原稿を読んでいて、思わず涙ぐんだり、笑ったり、驚いたりしています。編集者として、また、ある意味では最初の読者として、とてもぜいたくで、幸せな時間をすごさせていただいているのだな~…と感じます。
今月、デスクでも、電車の中でも、原稿を読んでいて、感動して、涙が流れたのが、「神様からの伝言」という特集です。

「赤ちゃんが生まれてくるのは、みんなを幸せにするため。
お母さんやお父さんだけじゃなくて、みんなを幸せにするため。」

「人間は死んでも、体がなくなっても、
心は残るように、できている。」

「ぼくが病気で生まれたのは、
ずっとずっと、幸せになるためだよ。
だから、ぼくが泣いてもママは「かわいそう」って
思わなくてよかったんだよ。」

「いのちはぜんぶ、つながっている。」

上記は、沖縄在住の少年、いんやくりお君(11)が語った言葉です。
こうした、りお君の言葉は、4歳から9歳のあいだに語られたもの。
今月号では「神様からの伝言」と題して、りお君の言葉を紹介しました。11歳になった、りお君のインタビューや、りお君のお母様のお話も紹介しています。
編集部・相馬が、りお君の住む沖縄を訪ねました。以下は、相馬による内容紹介です。

☆☆☆
驚きと感動を呼ぶ「神様からの伝言」
沖縄・那覇に暮らす不思議な少年、りお君を訪ねました。
今11歳のりお君は、お母さんのおなかの中にいるときに不整脈が見つかり、緊急帝王切開で生まれました。
次々と襲う9つの病気を克服しながら、今、南の島で元気に暮らしています。
りお君が4歳から9歳までの間に語った“不思議な言葉”が大きな話題を呼んでいます。

「ぼくは、病気を選んで生まれてきた。
希望を持って、生まれてきた。
心を感じることで、勇気が出る。それがつまり、希望のことなんだ。」
とても深い、魂を揺さぶるような言葉の数々。

幸せってなんだろう?
自分が生まれてきた理由は?
日々慌ただしく生きている私たちの胸にそんな疑問がフッと浮かぶとき、りお君の語る言葉は、心にスーッと沁みこんでくるようです。

生まれてきたことの奇跡、
今生きていることの奇跡、
親子の縁で結ばれた奇跡、
私たちの周りには奇跡があふれているということを、
この特集に携わりながら実感することができました。(相馬)
☆☆☆

人生の宝物は、いつも目の前に。
ちなみに、りお君の初の著書、『自分をえらんで、生まれてきたよ』は、サンマーク出版から出ていて、ベストセラーになっています。
―――――――――――――――――――――

DSC_0298.jpg 私の下で雨宿りをしていってください

いかがですか?
時に、こうした大きなハンディキャップを背負いながら、菩薩様のような魂を持ったお子さんがこの世に現れます。「奇跡の人」達です。

今日、私の手元にゆほびかの12月号と、りお君の著書「自分をえらんで、生まれてきたよ」(サンマーク出版)が届きました。

これまで書いてきた私のブログの内容が全て薄っぺらく感じてしまいます。
「この子らから学ばずして、この世にいかにして生けらんや」 と言う気持ちです。
このチャンスに是非お読みください。

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ワンクリックにご協力を.
読者になる