So-net無料ブログ作成

相対性理論 [ひとり言]

M3133.jpg

アインシュタインは重力が異なると時間の進み方が違うと相対性理論を提唱しました。
 
理論上のことがこの時代になり、証明されるようになってきました。ヒッグス粒子や重力波が発見されたように。
先日、標高の異なる2点間の時間の差を計測し、標高の差を数mの誤差で測定したと報告されました。時間が絶対的な存在ではなく観測者の環境によって異なる相対的なものであることも証明されました。
 
時間ってなんなのでしょうね。私たちは事実上、過去にさかのぼることもできなければ、未来を前もって体験することもできません。
写真は、私の観測室で撮影した、天の川銀河と同じ銀河団に属する有名な二つの銀河です。
アンドロメダ銀河までは約250万光年。さんかく座のM33までは約300万光年。この二つの銀河は約40億年後に衝突して大きなミルコメダと呼ばれる大銀河に変身します。
気の遠くなるような時間ですが、地球上に生命が誕生して38億年。
宇宙規模から考えれば長い時間でなないのかもしれません。
 
私たちの天の川銀河を含め、この二つの銀河の中心部にはブラックホールが存在すると考えられています。
ブラックホールの中心部。特異点と呼ばれる場所では重力はほぼ無限大で、時間が止まっています。時間が止まっているという事実は、今回の観測結果で信憑性を帯びてきました。
すると、中心部の時間の進みは極めて遅く、衝突するまでの時間は一瞬ということになります。
 
 
そう考えると逆に、本当に時間というものは存在するのかという疑問が湧いてきます。時間が有限の存在と考えると、始まりがあり終わりがあることになります。
では、宇宙開闢の前は?虚時間?と理解不能になります。
 
相対的に長さが変わるもの。それは物理的な「存在」ではなく、私自身は、万物の変化とともに生じる「現象」の一つではないかと考えています。
皆さんはどのように考えられますか?
 
もっと単純に、楽しい時間は短い、眠れない夜は長い。それでいいのかもしれませんね。
 
presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ポチッとしていただくと健康の輪がひろがります.
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

読者になる

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。