So-net無料ブログ作成

私たちが住む宇宙 [ひとり言]

Andromeda.jpg
アンドロメダ大星雲

子供の頃から、図鑑を見て憧れた、私たちの天の川銀河のお隣の銀河(島宇宙)。
私たちの天の川銀河から約257万光年(光の速度で257万年かかる距離)の彼方にあります。
ここにも、私たちと同じような、ものを考える生物がたくさんいると考えるだけで、ワクワクしてきます。

実は、私たちの天の川銀河とこのアンドロメダ大銀河は今からやく40億年後の衝突すると計算されています。
私たちは大丈夫なのでしょうか。
星と星の間は十分離れていますのでほとんど衝突することなく混ざり合い、大きな銀河に融合するそうです。
でも、私たちの住む地球、そして太陽の環境はおよそ9億年後に、生物が住める環境ではなくなってしまうそうです。
それまでに、人類の叡智は住める星を探して移住しているのでしょうか?

この宇宙の起源は約137億年前。
私たちの体を構成する素粒子も、そのときにできた物です。
つまり私たちの体は137億歳。その間にいろんな場所に旅をして形を変えてきました。
45億年前にこの太陽系の中の地球に捕まってからは地球を構成する素粒子から私たちは生まれました。

万物は全て流転し、形を常に変えています。それが自然の姿。
その自然の中で生物が恒常性、平衡状態を保つことは並大抵なことではありません。
遺伝子という壊れないための影武者と対になって存在するstringsを設計図にして、絶えず複製を作り続けている、いわゆる「動的平衡」を保っています。
45億年前から今までに、地球は約5回ほど生物が住めないほどの環境になったことがあります。
そんなときでも、生物は形を変え、遺伝子を守ってきました。
そして、今、私たち人類がこの地球に住んでいます。
考える力を持った私たちが、この先どのように命を守っていくのでしょうか?

神か創造主かあるいは偉大な何かかわかりませんが宇宙の叡智に感謝です。

presented by
石原クリニック
  http://www.ishihara-clinic.jp/
石原クリニックセラピールームETERNAL COMFORT
  http://www.ishihara-clinic.jp/eternal/index.html

人気ブログランキングへ ポチッとしていただくと健康の輪がひろがります.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

読者になる

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。